いつ何をしたら結婚式が上手くいくか分かりますか?

期間別にきちんとスケジュールを組みましょう。

結婚する事が決まったら時系列にやるべき事があります。どの時期になにをしたらいいのか記載していきます。

相手の両親や結納は式の一年前までしておくべき事。

結婚する事が決まったら、まず最初に相手の両親への挨拶は済ませておかないといけないです。その際に食事会ができれば最適と言えます。地方によっては結納を行う場合もあり、その場合にはこの時期に行っておくのがベストですよ。

式場・ドレスなどは半年前には決めましょう。

結納や相手の両親への挨拶が済んだら式場やドレスなどの選定に入っていきます。式場が決まってから実際の結婚披露宴まで半年程度は準備に時間がかかります。そのため希望の日時が決まっている際には、半年前には式場の予約を入れておく必要があります。

ブライダルエステ半年前からスタートしましょう。

脱毛サロンの中にはブライダルエステのサービスを提供している場合があります。2、3ヶ月前からスタートすることも出来ますが、その場合にはかなり窮屈な日程の中でネイルサロンに通わなくてはいけなくなるので、半年前からスタートするのが良いでしょう。

半年前から直前まではかなり忙しい

半年前から直前までは来賓客の選定や料理の打ち合わせなどをこと細かく行う必要があります。招待状を自分達で作成する際には、披露宴の1ヶ月前までには作成・送付しておかないといけません。本格的な結婚披露宴だと引き出物が必要な場合もありますが、引き出物をどうするかについてもホテルとよく打ち合わせしておく必要があります。式場によってはプロの司会者を依頼している場合もあり、披露宴の1週間前には新郎新婦と司会者で打ち合わせをする事も大切です。

人気のある大阪の結婚式場にはガーデンが付いている結婚式場やデザートビュッフェ、チャペルの天井が高く自然の光が入る所などがあります。