重ねづけリングのデザインとドレスシルエットの絶妙バランスで選ぶ結婚指輪!

ラグジュアリーなエンゲージをベースに考えるなら

ラウンドブリリンアンカットのダイアモンドが繊細に細くなったリングの中央に抱かれるようなセッティングのエンゲージリングに重ねづけをする結婚指輪を選ぶのであれば、ドレスのシルエットに合わせて選んでいくことも大事ですよ。たとえば、スレンダーなドレスを着る予定であれば、地金だけの優美なラインを描くシンプルなマリッジリングを合わせることで、エンゲージの存在感も出せるでしょう。また、辛口でファッション性のあるタイプのスタイリッシュなドレスを選んだのであれば、地金がプラチナのエタニティのリングを合わせると2色の対比により手元がスタイリッシュになりますよ。そして、トレンド感のある輝きに満ちたドレスを着るのであれば、イエローゴールドのラインが特徴の個性派マリッジリングがいいでしょう。1本だけでも十分に華やかで存在感がありますよ。王道のレースでスイートな印象のドレスであれば、細いエタニティを使った重ねづけで、可憐な印象になるでしょう。

可憐なエンゲージに合わせるのなら

まるで薬指にリボンを結んだような可憐なデザインのエンゲージをベースに考えるのなら、ファッション性の高いエンゲージに対してどう重ねづけしていくかがポイントになりますよ。たとえば、オーガンジーのフリルがゴージャスなドレスならば、エンゲージと同じコレクションのエタニティを合わせれば完璧なバランスで手元がリッチになるでしょう。また、デザイン性のあるドレスを着るのであれば、3粒のダイアモンドが輝くマリッジならほどよいボリューム感もあり、プラチナの艶やかな素材感がノーブルさを引き出してくれますよ。

神戸の結婚式場で人気が高いのは、おしゃれな港町らしく海の近くにあるチャペルが大半を占めています。最大人数100名程度から400名程来場できる式場までさまざまです。