結婚式用のスーツは選んだものの、それ以外はどうしたらいいのか

スーツは比較的簡単に決められる

結婚式に招待されたら、その日に着る服装の準備をしなくては行けません。男性の場合は新郎新婦の父親向けのディレクタースーツ、オールマイティに着ることができるブラックスーツ、それから二次会やお披露目パーティーなどに最適なダークスーツなど、一定の傾向は決まっています。スーツを決めた後に考えなくてはいけないのが、シャツやカフスボタン、靴などをどれにするかということです。シャツはレストランウエディングのようなカジュアルな式なら、色が薄めのシャツでも構いませんが、本来結婚式はフォーマルな場ですから、無地の白が無難でしょう。織り柄のあるシャツを着たいなら、ドビーなどがおすすめです。シャツの襟も、カジュアルになりすぎないようにレギュラーカラーであれば、問題はありません。大人っぽい男性に見せたいなら、ワイドカラーでもいいですね。カフスボタンを付ける時には、なるべく派手すぎない、シンプルなデザインを選びましょう。

鞄は?コートはどうしたらいいの?

結婚式が寒い時期に行われる場合、スーツだけでは寒いですよね。寒がりの人は、コートを着たまま式の最中も過ごしたいと思うかもしれません。でも、コートは式場に着いたら脱ぐようにしましょう。帽子はガーデンウエディングなど、屋外で行うタイプなら被ったままで大丈夫です。男性は女性と違って、結婚式に鞄を持ち込む人は少なめですが、もし結婚式に持っていきたいものがあるなら、黒っぽい地味なクラッチバッグにしておきましょう。

白金の結婚式場には歴史ある日本庭園を舞台にした結婚式場や洋館の邸宅を借りきってのウエディングなどが人気となっています。