緑の葉に木のぬくもり!パーティ会場を森に変身

切り株や木の雑貨も取り入れながら

ガーデンウエディングには興味があるけど、天候や温度などに左右されずに緑いっぱいの結婚式をしたいというのなら、会場に緑色の木々をそびえたたせ、森のようにしてしまいましょう。樹木の葉を連想させる色を基調に茶色い木肌の色合いをプラスする形で会場を作っていくといいですよ。緑色の葉がつく枝もののほか、木の切り株やコケを貼ったボールをのせたものなど、木製雑貨もうまく取り入れて演出していきましょう。人気のイニシャル文字も深みのある木製でつくってみるといいですよ。

ゲストに認められた証を

ウェイティングスペースには、ツリーボードを置いてみましょう。キャンバスにハートの輪郭を葉で描いたら、ゲストには葉を1枚ずつボードにつけてもらいます。葉は二人の結婚を認めるサイン代わりですよ。全員が認めてくれたら青々と茂った幸福の木が完成します。枝に結んだラフィアもつけて花束風にするといいですよ。ゲストには虫ピンで葉をとめてもらって、安全にするためにボードの裏に発泡スチロールをはめこみ、ビニールテープで固定しておきましょう。使う葉はアセビの葉がいいですよ。

たっぷりグリーンをメインとゲスト席に

着席すると緑色の木々が二人をさわやかに祝福してくれるようなメインテーブルにするには、色や形、質感がさまざまなものを組み合わせてグッとナチュラル感をだすことが大事になりますよ。ヤシの繊維を絡めたボールをグリーンの中に転がしてみたり、さりげなくコーディネートしてみてもいいでしょう。ゲストテーブルはユキヤナギをのびのびとあしらうといいですよ。枝がやわらかにしなり、木の下で憩う安らぎが演出できます。着席した時のお楽しみとして、枝の下にモスボールや小人が座っていそうな枝のイスなどを置きましょう。

人気のある軽井沢で結婚式を挙げる時には森の中に佇んでいる教会やクラシカルな雰囲気のホテルなどがあります。